無料で使える!Google Workspace Essentialsってどんなサービス?おすすめなのはこんな方!

業務効率の向上をサポートするGoogle のビジネスソリューション ・ Google Workspace。

数あるエディションの中に「 Google Workspace Essentials 」というものがあることをご存知でしょうか?

Google Workspace のなかでもちょっぴり特殊なポジションである「 Google Workspace Essentials 」はどのような方におすすめなのか、特徴とあわせてご紹介します!

Meetや共有ストレージが使える!Google Workspace Essentials (エッセンシャル)とは

Google 公式ホームページより

Google Workspace Essentials (エッセンシャル)とは

Google Workspace Essentials とは、Office 365 などの別のメールサービスを導入済で、Google ドライブ 、 Meet 、 Google のドキュメントエディタなどを併用したいユーザー向けに設計されています。

エディションは無料のEssentials Starter と、有料のEnterprise Essentials があります。

1ユーザーあたり15GB以下のドライブ容量であれば、無料で利用できます。また、チーム単位でのファイルの保存(共有ドライブ)も可能です。

具体的には下記のサービスが利用可能です。

  • Google Meet
  • Google ドライブ
  • 共同編集可能なドキュメント エディタ(Google スプレッドシート/ドキュメント/スライド)
  • Google Chat
  • Google カレンダー
  • Jamboard

Google Workspace のメイン機能を利用することが可能です。

この記事では、主に無料で使えて簡単に登録できる Essentials Starter について説明します。

Google Workspace Essentials はこんなユーザーにおすすめ

Google Workspace Essentials は、このようなユーザーにおすすめのサービスです。

  • Office 365 などの別のメールおよびカレンダー ソリューションを導入済みだが、円滑なコラボレーションのためにGoogle ドライブ、Meet、Googleのドキュメントエディタを併用したい。
    ※ Google Workspace Essentials は、すでに別のメールサービスを導入済みのチームや組織向けに設計されています。
    ビジネス用の Gmail、およびカスタム メールアドレスが必要な場合は、Google Workspace のご利用をご検討ください。
  • 無料でチーム単位でのファイルの保存、検索、および、ファイルへのアクセスができるオンラインストレージを導入したい。

Google Workspace Essentials の料金

Google Workspace Essentials にはEssentials Starter とEnterprise Essentials 2つのプランがあります。

Essentials Starter は無料で利用可能ですが、Enterprise Essentials は要お問合せとなります。

※ 販売パートナー「rakumo社」への ご相談・問い合わせはこちら

注:従来のEssentialsプランは新規申し込みを終了しました

Google Workspace (旧G Suite)との違い

Google Workspace Essentials は、従来からある Google Workspace (旧G Suite)と何が違うのでしょうか?
違いについてまとめてみました。

Google Workspace Essentials Google Workspace Business Starter Enterprise Essentials
料金 無料 1ユーザーあたり680円/月 要お問合せ
使えるサービス
  • Meet ビデオ会議と音声会議(最大100人、最長60分、録画不可)
  • Google Chat
  • Google カレンダー
  • Google ドライブ
  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • スライド
  • フォーム
  • Keep 共有メモ
  • Jamboard
  • Gmail ビジネス用メール
  • Meet 音声会議とビデオ会議(最大 100 人、最長24時間、録画不可)
  • Google Chat
  • Google カレンダー
  • Chat チーム メッセージ
  • Google ドライブ
  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • スライド
  • フォーム
  • Keep 共有メモ
  • Jamboard
  • Meet ビデオ会議と音声会議(最大150人、最長24時間、録画可能)
  • Google Chat
  • Google カレンダー
  • Google ドライブ
  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • スライド
  • フォーム
  • Keep 共有メモ
  • Jamboard
Google ドライブ容量 1ユーザーあたり15GB 1ユーザーあたり30GB 1ユーザーあたり1 TB
その他の特徴 チームで運用する共有ドライブの利用が可能 共有ドライブを利用するには Business Standard 以上に加入 チームで運用する共有ドライブの利用が可能
電話、チャット、メールによる 24 時間 365 日体制のサポート

Google Workspace Essentials の注意点

Google Workspace Essentials には何点か注意点があるので、確認した上で利用を申し込むようにしましょう。

企業ドメインのメールアドレスが必要

Google Workspace Essentials を申し込むには、企業ドメイン(独自ドメイン)のメールアドレスが必要です。Gmail などのフリーメールでは申し込みができないのでご注意ください。

Gmail は使用できない

Google Workspace Essentials では、 Gmail は利用できません。
ビジネス用の Gmail を利用したい場合は、Google Workspace の導入をご検討ください。

Google Workspace Essentials でできること

それでは、実際にGoogle Workspace Essentials でどんなことができるのか詳しくみていきましょう。

※ここでは、無料のEssentials Starter について説明します。

Meet を使用したWeb会議

Google Japan Blog より

Google Workspace Essentialsでは100人まで参加可能なWeb会議が可能です。

※3名以上参加する場合60分の制限あり。

また、Meet プラグインを使用すれば、Outlook カレンダーから直接会議をスケジュールしたり、会議に参加したりすることができます。

Google Meet プラグインについて詳しくはこちらから

ドライブ ストレージとファイル共有

Google Workspace Essentials のユーザーには、どのデバイスからでもコンテンツを保存、共有、アクセス可能なGoogle ドライブのストレージが割り当てられます。

具体的な容量は無料のEssentials Starter の場合、1ユーザーあたり 15 GB の Google ドライブ ストレージが割り当てられており、モバイル デバイス、タブレット、パソコンから作業ファイルを保管、共有したり、それらのファイルにアクセスしたりできます。

パソコン版ドライブを使用するすれば、ファイルやフォルダを Windows や Mac のデバイスと同期できます。

Google ドライブについて、詳しくはこちら

また、Google Workspace Essentialsでは、チームでデータを所有できる「共有ドライブ」の利用が可能です、共有ドライブ内のファイルは個人ではなくチームが所有するため、チームのメンバーが退職してファイルにアクセスができなくなる、といったトラブルの心配はありません。

共有ドライブについてはこちらもご参照ください

Google Chat を利用したグループでのコミュニケーション

Google Chat は Google が提供するチャットツール。
ダイレクトメッセージからグループの会話まで、簡単かつ効率的な共同作業を強力にサポートします。
さらに、Google Chat は手軽なテキストのコミュニケーションができるだけでなく、Google ドライブのアイテムを共有したり、bot という便利な機能も利用できます。

Google Chat について詳しくはこちら
ビジネスに最適! Google Workspace ユーザーなら押さえておきたい Google Chat 入門

Google カレンダー を活用したスケジュール管理やミーティングの設定

以前、Google Workspace Essentisla は Google カレンダーを利用できませんでしたが、2021年のアップデートによって利用可能になりました。

Google カレンダーの活用について詳しくはこちら
スケジュール管理だけじゃない!ビジネスの効率を爆上げする Google カレンダーの便利機能

クラウド型のホワイトボード Jamboard の利用

Google 公式ホームページより

Jamboard(ジャムボード)は、 Google の技術が集結されたクラウド型のホワイトボードです。
ミーティングやブレストの時に専用のペンを使用して Jamnoard に文字や図を書き込むと、遠隔にいる人ともリアルタイムに内容を共有することができます。
今までホワイトボードの写真を撮ってメンバーと共有をしていた人も多いかもしれませんが、 Jamboard があればそのような作業は不要です。

Jamboardについて詳しくはこちら
Google Meet と連携もできる! Jamboard をタブレットで使ってみよう!

Google Workspace Essentials に登録してみよう

Google Workspace Essentials に登録する方法について紹介します。

※ 無料のEssentials Starter の登録方法になります

Google Workspace Essentials に登録するときに用意するもの

Google Workspace Essentials に登録する際は、企業ドメイン(独自ドメイン)のメールアドレスを用意しておきましょう。
Gmail などのフリーメールでは登録できないのでご注意ください。

Google Workspace Essentials の登録方法

Google Workspace Essentials はWebから申し込みが可能です。

Essentials Starter からEnterprise Essentials に切り替えるには

もっと大容量のドライブを使用したい、大人数で60分以上のビデオ会議したい場合はEnterprise Essentials に切り替えることをおすすめします。

Enterprise Essentials を利用するには、販売パートナーまでお問い合わせください。

※ 販売パートナー「rakumo社」への ご相談・問い合わせはこちら

アップグレードをすると、組織内のすべてのユーザーに同じサブスクリプションが適用されます。一部のユーザーを Enterprise Essentials に切り替え、残りのユーザーは引き続き Essentials Starter を使用するといったことはできません。

まとめ

無料で組織の共有ドライブやGoogle の主要アプリを利用できるGoogle Workspace Essentials。

すでに別のメールサービスを利用しているけれど、Googleの主要なサービスも併用したいという企業におすすめです。

関連記事