メールマーケティングに最適! Gmail のマルチ送信モードを活用しよう

顧客へのメールマーケティングや、イベントの参加者など、複数の人にメールを同時に送信したいときに、1 人 1 人に送るのはとても手間がかかりますよね。

そんなときは、各連絡先に個別にメールが送信できる Gmail のマルチ送信モードを使ってみましょう。

Gmail のマルチ送信モードとは?

マルチ送信モードはどんな機能?

Gmail のマルチ送信モードとは、メール作成画面の宛先欄にユーザーを追加した場合、複数の連絡先に個別にメールが送信できる機能です。

この機能を使うと、すべての受信者を BCC に入れなくても、メールを一括送信できます。さらに、各受信者専用の配信停止リンクがマルチ送信メールに記載されているので、配信を停止した受信者は今後のマルチ送信メールから自動的に除外されます。

マルチ送信モードが使えるエディション

マルチ送信は、以下の Google Workspace エディションで使用できます。(PC 版 Gmail のみ)

  • Google Workspace Individual
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise Starter
  • Enterprise Standard
  • Enterprise Plus
  • Education Standard
  • Education Plus

この機能が表示されない場合は、Google Workspace 管理者にお問い合わせください。

※マルチ送信モードは、無料の Gmail では利用できません。

マルチ送信モードは何件まで送れる?

マルチ送信モードでは、[宛先] に最大 1,500 件、[Cc] または [Bcc] に最大 1 件の宛先を追加できます。

職場・学校等の Google Workspace のアドレスから 1 日に送れる Gmail の 2000 件までの制限があるので、上限に気をつけるようにしましょう。

※無料アカウントの Gmail は 1 日 500 件となります。

マルチ送信モードの使い方

マルチ送信モードの実際の使い方を説明します。

  1. マルチ送信モードが使えるエディションの Gmail を開きます。
  2. 通常通り、メールを作成したら宛先(to)に送信したいユーザーのメールアドレスを入力します。(1,500 件まで)

    ※CC または BCC に 1 件までメールアドレスを入れることも可能です。

    ヒント

    Google コンタクトを使用して、連絡先リストを作成、管理すると便利です。

  3. 右下の、マルチ送信モードのアイコンをクリックします。
  4. マルチ送信モードに切り替わるので、 「続行」 ボタンをクリックします。
  5. 「迷惑メールの防止にご協力ください」 というポップアップが表示されるので、確認の上 「OK」 をクリックします。
  6. 「送信する準備ができましたか?」 というポップアップが表示されたら、必要に応じて自分にプレビューを送信してみましょう。
    プレビューの送信が不要な場合は 「すべて送信」 をクリックします。
    自分のメールアドレスに送られたプレビューメール

    マルチ送信モードで送られたメールは、各ユーザーにこのように表示されます。

    メールを受信したユーザーは、 「登録解除」 のリンクをクリックすると今後のマルチ送信メールから自動的に除外されます。

    マルチ送信モードで送られたメールの受信画面

まとめ

マルチ送信モードを使えば、同時に複数のメールを送る際に送信したメールアドレスが他のユーザーに見えてしまうといった事故を防ぐことも可能です。

複数のユーザーにメールを送る機会が多い方は、ぜひマルチ送信モードを活用するようにしましょう。

関連記事