別のスプレッドシートを参照&自動更新できる! IMPORTRANGE関数を使ってみよう

スプレッドシートに他のスプレッドシートのデータを取り込んで、更に自動更新で更新できたらとても便利だと思いませんか?
そんな時、スプレッドシートでは「IMPORTRANGE関数」を使用して別のスプレッドシートから)指定したセル範囲を読み込むことができます。
この記事では、覚えておくととても便利なIMPORTRANGE関数の使い方を紹介します。

IMPORTRANGE関数とは?

IMPORTRANGE関数とは、指定したスプレッドシートからセルの範囲を読み込むことができる関数のこと。
この関数はエクセルにはないスプレッドシート特有の関数です。

IMPORTRANGE関数はもとのファイルが更新されたらインポート先も自動で更新されるので、常に最新のデータを表示させることが可能です。

一つのファイルに複数のファイルの欲しい部分だけ集約させたい、という時などにぜひIMPORTRANGE関数を活用しましょう。

IMPORTRANGE関数の注意点

とても便利なIMPORTRANGE関数ですが何点か注意点があります

  • 作成者に参照元のスプレッドシートの権限がない場合、IMPORTRANGE 関数を使用してデータの引用を行うことはできません。
  • 個人情報などの機密を含むファイルを参照する際、読み込み先を閲覧可能なユーザーが適切か必ず確認するようにしましょう。
  • IMPORTRANGE 関数を使用して表示された読み込み先のデータは編集することはできません。
  • Googleドライブに上がっているデータでも、参照元がエクセル形式になっていると、IMPORTRANGE関数が正常に動きません。

上記の点を踏まえてIMPORTRANGE関数を使用しましょう。

IMPORTRANGE関数を使ってみよう

IMPORTRANGE関数の構文は主に下記の通りです

=IMPORTRANGE(“https://docs.google.com/spreadsheets/d/abcd123abcd123”, “シート1!A1:C10”)

具体的な使い方を説明します。

IMPORTRANGE関数の使い方

他のシートを参照してデータを読み込むには下記の手順で行います。

  1. 読み込み先のスプレッドシートのA1にインポートレンジ関数

    =IMPORTRANGE(“https://docs.google.com/spreadsheets/d/abcd123
    abcd123
    “, “シート1!A1:C10“)

    をペーストします。

    ※ 青色の部分は任意で変わります

  2. 参照先のスプレッドシートを開き、URLをコピーします。
  3. 読み込み先のスプレッドシートのA1 に入力した関数を、下記のように赤字部分を書き換えます
  4. 読み込み先のスプレッドシートに「これらのシートをリンクする必要があります」と表示されたら「アクセスを許可」をクリックする。

    正しくデータが読み込まれました。
    一度データをインポートすれば、参照元のスプレッドシートが更新された際には参照先のスプレッドシートも自動で更新されます。

    注:罫線や塗りなどの情報は参照先には反映されません

まとめ

IMPORTRANGEは、複数のスプレッドシートに分かれた情報を一つのスプレッドシートに集約して閲覧できるので、業務効率の向上に役立つこと間違いなしの便利な関数です。

コピペするだけですぐに使えるのでぜひ活用してみてくださいね。

関連記事