現場従業員向け! Google Workspace フロントラインとは?

現場の従業員と本部チームが円滑にコラボレーションを行えるようにデザインされた Google Workspace フロントライン。
従来の Google Workspace は、おもにデスクワーク向けのツールでしたが、フロントラインエディションはオフィスを離れて現場で働く人に最適化したツールとしてローンチしました。
デスクワーカー向けの Google Workspace と何が違うのか、どのような機能が搭載されているのか、この記事で詳しく紹介します。

Google Workspace フロントライン(Frontline)とは

まず、Google Workspace フロントラインの概要についてご紹介します。

Google Workspace フロントラインの特徴

Google Workspace フロントラインは、現場の従業員と本部チームとのコミュニケーションとコラボレーションを促進することを目的に開発されたツールです。
Gmail、Chat、ドキュメント、ドライブなどのコミュニケーションとコラボレーションに特化したアプリが提供されている点が特徴です。
機能が絞られている分、価格は従来のエディションよりリーズナブルなので、現場で働く従業員を抱える企業にマッチしたプランと言えます。

また、高度なエンドポイント管理などのセキュリティ機能も利用できるので、個人の端末でも安全に利用することができます。

※エンドポイント機能は管理者向けの機能です。

なお、Google Workspace フロントラインは利用できるユーザー数に制限はありません。

Google Workspace フロントラインの注意点

Google Workspace フロントラインはあくまでも現場の従業員のコミュニケーションやコラボレーションを目的として開発されたサービスなので、Google ドライブの容量は 2 GBと少なめです。ただし、Google ドライブ上で個人ではなくチームが所有できる「共有ドライブ」の閲覧が可能です。

また、現在 Google Workspace に登録しているアカウントをフロントラインエディションにダウングレードすることは不可となります。

Google Workspace フロントラインの想定ユーザー

Google Workspace フロントラインは現場で働く従業員向けのエディションですが、下記のようなユーザーが想定されます。

【Google Workspace フロントラインにマッチする働き方】
  • 非デスクワーカー
  • 現場間の移動が多い
  • スマホなどのモバイル端末を利用して業務を行うことが多い
  • 大量のデータを扱う機会が少ない
  • パソコンは他の従業員と共有している
【Google Workspace フロントラインにマッチする業種・職種】
  • 製造業
  • 運送業
  • 農業、漁業、林業従事者
  • 建設作業員
  • 医療従事者
  • レストラン、ホテル、小売業などの接客業
  • 電話オペレーター

など

一つのドメインで別のエディションとの併用も可能

従来、Google Workspace では、1つのドメインで単一のプランしか選択することができませんでした。
しかし、フロントラインエディションは、1つのドメインで従来のデスクワーカ向けの Google Workspace のプランとの併用も可能です。
例えば、デスクワーカーは Business Starter、現場スタッフはフロントラインというように、ユーザーによってエディションを使い分けることもできます。

ただし、フロントラインを導入する際は以下の定義に明確に限定されます。また、Google の審査もあります。

検討の際には、弊社までご相談ください。

Google Workspace フロントラインの利用料金

Google Workspace フロントラインは、通常、従来の Google Workspace より低価格で提供されています。

アカウント数により変動するため、費用については別途お問い合わせください。

Google Workspace フロントラインの申し込み方法

Google Workspace フロントラインは、インターネットからのお申し込みはできません。

Google または販売代理店までお問い合わせください。

Google Workspace フロントラインで利用できるサービス

次に、Google Workspace フロントラインで利用できるサービスを紹介します。

Google Workspace フロントラインで利用できるアプリケーション

Google Workspace フロントラインは、下記のアプリケーションの利用が可能です。

アプリケーション 詳細
Gmail 独自ドメインを使用したビジネス用アドレスでメールを送受信できます。
Google Meet ノートパソコンやスマホなどの端末から安全にビデオ会議に参加できます(100 人まで参加可能)。
Google カレンダー カレンダーを共有して会議や予定のスケジュールを簡単に設定できます。
ビジネスドキュメント オンラインで利用可能なドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションをリアルタイムで共同編集できます。
Google フォーム アンケートやテストなどが簡単に作成できます。
Google ドライブ 1 ユーザーあたり 2 GB のストレージを利用して、ファイルをクラウドに安全に保存、バックアップできます。
Google Chat テキストとリッチメディアを使ってグループまたは 1 対 1 でコミュニケーションできます。
Google サイト 専門的な知識がなくても、手軽にウェブサイトを作成できます。

Google Workspace フロントラインのセキュリティ

Google Workspace フロントラインには、次のような高度なセキュリティ機能も含まれています。

※この機能が利用できるのは管理者に限られます

◆高度なエンドポイント管理
あらゆるデバイスのデータを保護するセキュリティツール。管理者が Google エンドポイント管理を使用すると、ユーザーのモバイル デバイス、デスクトップ パソコン、ノートパソコン、その他のエンドポイント全体で組織のデータのセキュリティを強化できます。スマートフォンの紛失やタブレットの盗難といった際には画面ロックや安全なパスワード設定を必須にしたり、デバイスまたは特定アカウントのワイプで Android や iOS 上の機密データを消去することが可能です。

◆ドライブの監査ログ
管理者はユーザーの Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、サイトでのユーザーのアクティビティを確認することが可能です。

◆データ保護に関する分析レポート
管理者は組織内の機密データを含むドライブ ファイルに関するレポートを確認できます。

Google Workspace フロントラインの追加機能

Google Workspace フロントラインは有償で下記の追加機能が利用可能です。

◆データを保護して安全に保管 Valut
Google Workspace 上のデータを保護して安全に保管するアーカイブ機能。会社にとって重要な情報を保持し、それを閲覧・検索可能な状態にします。法務部門で必要となるデータを収集し、社員の離職によるデータ損失を防止に役立ちます。

◆管理コンソールからユーザー、アプリ、デバイスを一元管理 Cloud Identity Premium
管理コンソールをもちいて、ユーザー・アプリ・デバイスを一元管理することが可能なソリューションです。IDaaS(Identity as a Service)ソリューションとしての側面と、企業向けモバイル管理(EMM)サービスとしての側面をあわせ持っています。

Google Workspace フロントラインと従来のエディションとの違い

Google Workspace フロントラインと、従来のエディションとの違いについて、表にまとめました。

Google Workspace フロントライン 従来の Google Workspace のエディション
料金 アカウント数により変動別途お問合せください Business Starter 680円/月
Business Standard 1,360 円/月
Business Plus 2,040円/月
1ユーザーあたりのストレージの容量 2GB Basic Starter プラン 30GB
Business Standard 2TB
Business Plusで 5TB
独自ドメイン 利用可能 利用可能
同一ドメインで別のエディションを併用 可能
※Basic Starter プラン、Business Standard、Business Plus Enterprises と併用可能
不可
利用可能人数 無制限 Business Starter 300人未満
Business Standard 無制限
Business Plus 無制限
共有ドライブの利用 閲覧のみ可 Business Starter 利用不可
Business Standard 利用可能
Business Plus 利用可能

まとめ

現場で働く従業員の働き方にマッチした新エディション・Google Workspace フロントライン。
Google ドライブの容量は少なめですが、低価格で利用できるところは大きな魅力といえます。
現場社員とオフィスの社員間のコミュニケーション円滑に行いたい、とお考えの企業はぜひ導入を検討してみてくださいね。

関連記事